eラーニング学習管理システム LOGOSWARE Platon

「管理者の満足」×「受講者の満足」を両立させた本格的eラーニングシステムです。

利便性

スマホ / タブレット完全対応、デジタルブック教材も使える

ここまでの使い勝手を追求したのはPlatonだけ

独自性

必要時に増やせる多言語対応、外部システムと連結できるAPI

将来も安心して使い続けられる仕組みを完備

低価格

クラウド型従量課金月額1万4千円~月額固定月額2万8千円~
インストール型一括32万円~(教材ソフト「SUITE」購入で無料に)




インターネット上で教材を配信し、社員に学習してもらう仕組みを低価格で実現できます。

Platon画面イメージ

インターネットを通して教材を配信し、社員を教育する仕組みがeラーニングです。時間と場所を選ばず、集合研修よりコストも抑えられることから広がりを見せています。

Platonは、このeラーニングを運営・管理する学習管理システム(LMS)です。使いやすい受講者画面と柔軟な管理機能のコンビネーション、そして低価格設定により、初めてeラーニングを構築するお客さまばかりでなく、他社のシステムから乗り換えられたお客さまにも高い満足をいただいています(Platonを導入されたお客さまより、多くの声を頂戴しています。是非、ご参照ください)。

Platonを使ったeラーニングの運営


Platonがバッチリはまる市場

LOGOSWARE Platonは、その特長により次の4つの市場用途に最も適合します。

「社員教育」 利用例
カゴメ株式会社
事例を見る

シングルサインオン対応により、他システムと共通のユーザー管理が行えます
便利なレポート作成ツールで、社員の学習状況のサマリーが簡単に作れます
クラウドでも、オンプレミスでも。構築方法が選べます

「派遣教育」 利用例

				テンプスタッフ株式会社
事例を見る

便利なレポート作成ツールで、教育訓練完了者のリストが簡単に作れます
大量の受講者の入れ替えも、CSVインポートで一括処理できます
従量課金制なら料金は使った分だけ。利用者数が予測できなくても無駄がありません

「ユーザー教育」 利用例

				株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート
事例を見る

従量課金制なら料金は使った分だけ。利用者数が予測できなくても無駄がありません
デジタルブックも教材にできるので、操作マニュアルをそのまま活用できます
パソコン、スマホ、タブレットで受講可能。幅広いユーザー層に対応します

「教育ビジネス」 利用例
株式会社クロスク
事例を見る

従量課金制なら料金は使った分だけ。新規事業を小さな投資で始められます
APIを活用して外部システムと連携させれば、独自のビジネスモデルが組めます
パソコン、スマホ、タブレットで受講可能。幅広いユーザー層に対応します


eラーニング運営者の4大業務を完全サポート

Platonは、eラーニングの運用・管理者が行わなければならない4つの重要業務「①受講者を登録する」、「②講座を登録する」、「③受講者に講座を割り当てる」、「④進捗を管理する」を徹底的に支援し、運営・管理者の手間と時間を削減します。

Platonの操作フロー


低価格でお求めやすく

どんなに優れたシステムでもコストがかかり過ぎて導入できないのでは意味がありません。
eラーニングの普及に力を入れるロゴスウェアは、価格面でも挑戦を忘れません。

  • クラウド型なら

    お手軽スタートパック従量課金制 月額14,000円~+従量料金(利用分)月額定額制 月額28,000円~

    クラウド型では、Platonソフトウェアとあわせてサーバー類も提供されます。また、コンテンツ作成ソフトがセットになったプランも用意しています。

    クラウド型には、使った利用人数分に応じて支払う「従量課金制」と毎月決まった額を支払う「月額定額制(利用人数プラン)」「月額定額制(同時接続数プラン)」の3種類の料金プランがあります。料金に関する詳しい説明は価格のページをご覧ください。

  • インストール型なら

    一括払い320,000円~

    インストール(オンプレミス)型は、お客さま自身で用意されたサーバーにPlatonをインストールしてご利用いただけます。そのため、独自の自在な環境構築ができます。
    料金に関する詳しい説明は価格のページをご覧ください。

年に数カ月だけの利用も、スリープモードで無駄なく運用

スリープモードとは、Platonのご契約を維持したまま、一定期間Platonの利用を休止できるサービスです。
「スリープモード」適用期間中は、費用は月額基本料金の10%に*。スリープモード中も過去のデータやユーザー情報は維持しているので、継続した学習履歴管理が可能です。

新入社員研修や、半年ごとの試験等、一定期間だけPlatonを運用する場合、スリープモードサービスをご利用いただくと、運用費用を大幅に削減できます。

*スリープモードは従量課金制プランでご利用いただけます。
*スリープモード適用時に、移行手数料金がかかります。

スリープモード


10万人規模でも安定稼働

LOGOSWARE Platon (クラウド型)は、先進のクラウド技術によって構築されています。
そのため、10万人規模の大規模運営でも安定して稼働しています(稼働実績あり)。

技術 メリット
①冗長設計 一部にサーバー故障が発生しても稼働しつづけます。
②分散処理 大量の同時接続があっても安定して稼働します
③スケールアップ技術 一次的な集中アクセスにもサーバー台数を素早く増やして対処できます

パーソルテンプスタッフ株式会社

学習管理システムを比較した中で、Platonは大規模な同時接続に耐えうるサービスであったことが決め手となりました。

パーソルテンプスタッフ株式会社様 お客さまの声


教材の準備方法がいろいろ選べる

eラーニングを成功させるためには、質の高い充実した教材が欠かせません。
教材とひとくちに言っても、お客さまの求めている教材の種類や作り方はさまざまです。
ロゴスウェアでは、お客さまの用事をもっとも効率よく解決するために、複数の教材準備方法を用意いたしました。お客さまにとって、最適な方法をお選びください。

「教材作成ソフト」で独自教材を作る

会社独自の規則、制度、仕組み、文化、製品などのトレーニングでは、自身で教材を作成する必要があります。
ロゴスウェアでは、お客さま自身で作成する場合でも、高品質かつ効率的な作業ができるように、3種類の教材作成ソフト(FLIPPER・STORM・THiNQ)を提供しています。
いずれのソフトも単体ソフトとしても販売されており、業界で高い評価と豊富な導入実績を持つものです。

「教材作成ソフト」で独自教材を作る

教材コンテンツ作成ソフト「LOGOSWARE SUITE」

特にデジタルブックを教材として利用できるのは、Platonならではの大きな特長です。
従来のeラーニングコンテンツは、スライドを使って説明していくタイプだけで構成されていました。しかし教材によっては、能動的な「読む」という行為が適しているものが少なくありません。

そこでPlatonは、デジタルブック形式も教材として使え、ページ単位で学習履歴が取れる仕組みを組み入れました。 Platonなら、元ファイルがパワーポイントならばSTORMで、PDFなどのドキュメントならばFLIPPERで教材コンテンツを作ることができます。

教材作成ソフトのWebサイトはこちら

編集・加工可能な「標準教材」を使うNEW

編集・加工可能な「標準教材」を使う

Platonのクラウド型販売「お手軽スタートパック」には、標準教材のオプションがあります。
標準教材とは、ロゴスウェアが独自に作成した教材です。PowerPointファイルやCSVファイルで提供され、ファイルを編集・加工して自社用の教材に仕立て上げることができます。

標準教材は、会社で働く上での基礎知識を学ぶものとなっており、講座数30(教材数165)で構成されています。
この内、セキュリティ関連の教材「セキュリティセット」は、希望するお客さまに追加料金なしの無償オプションとして提供されます。全教材の提供「フルセット」は有償オプションとなっています。

どのような汎用的な内容でも、各社にはそれぞれ独自の仕組みや制度があり、カスタマイズが必要になるものです。Platonの標準教材を活用すれば、ゼロから教材を作る手間を省け、しかもカスタマイズができます。

標準教材の詳細はこちら

「制作代行サービス」にアウトソースする

教材コンテンツ化したい元ファイル(パワーポイント、PDFなど)はあるけれど、オーサリングする時間が取れないという多忙なお客さまも多くいるかと思います。ロゴスウェアでは、そのようなお客さまのために「制作代行サービス」を提供しています。

制作代行サービスのWebサイトはこちら

「制作サービス」にアウトソースする


徹底的な使いやすさの追求

eラーニングを構築するときに、うっかりすると管理者側の思惑だけでシステムが構築されてしまい、受講者に不評で学習効果が上がらないといったことが起こりがちです。Platonならその点も抜かりがありません。
受講者に満足してもらえるよう、どこでも使える利便性、教材コンテンツの質、画面の操作性にこだわりました。

スマートフォン/タブレットに完全対応

スマートフォンやタブレットの普及とともに、eラーニングには、オフィス内だけでなく移動中や外出先など、時と場所を選ばず、いつでも学習できる環境が求められるようになってきました。
Platonは、パソコンに加えて、スマートフォンやタブレットなどのモバイル環境でも利用できます。特別なソフトやアプリを必要とせず、標準ブラウザだけで幅広いデバイスで閲覧可能です。

また、モバイル環境時でもきめ細かい学習進捗管理が得られるのは、他にはないPlatonならではの特長です。

スマートフォン/タブレットに完全対応

画面デザインのカスタマイズ

画面の見栄えは、受講者の気持ちに少なくない影響を与えます。せっかくのシステムも有効に使ってもらえないのでは成果があがりません。そして、画面の好みも業種や社員の特性によって大きく変わるものです。
Platonは、画面の色、デザインを変更するカスタマイズオプション(有償)を提供しています。 また、Platon では、色やデザインだけでなく、メニューやボタン類の名称変更も可能です。

画面デザインのカスタマイズ


将来も安心して使い続けられる拡張性があります

LMSを一度導入すると変更するのは大変で、入れ替えには大きな時間とお金を浪費します。
だから、目先のことだけにとらわれることなく、長期間使い続けられるように、将来の拡張性についても十分な検討が欠かせません。

多言語対応

必要なときに増やせる多言語対応

産業のグローバル化が進み、海外に進出する企業が増えています。Platonなら、外国人社員に対するeラーニング教育もスムーズに行えます。Platonは、受講者画面、管理者画面ともに多言語に対応させることができます。
その言語用の表示用テキストファイルを追加するだけで、必要になった時にいつでも増やせます。
いつか将来、特定の言語が必要になった場合でも困ることがありません。
多言語化の詳細はこちら

API

外部システムと連結できるAPI

Platonは、外部システムと連結して機能拡張するためのAPIを提供しています。
このAPIは、主に、①受講者管理を拡張させる、②外部教材を利用する、という二つの用途に活用できます。
APIを利用すれば、既存の受講者データベースとの連結や、外部教材・実研修などを含めた成績や学習履歴の一元管理も可能。独自のシステム拡張が行えるので、新たな機能が必要になったときでも安心です。
APIの詳細はこちら

ログイン操作は一回でOK!シングルサインオン対応

シングルサインオン対応

Platonは、一回のユーザー認証で異なる複数のシステムにアクセスできる仕組み「シングルサインオン(SSO)」に対応しています。ユーザーの利便性を高めるだけでなく、認証やアクセス制御の仕組みを一元管理することにより、IT環境の管理を容易にします。
シングルサインオンの詳細はこちら

ブレンド型集合研修

ブレンド型集合研修

eラーニング→集合研修→ eラーニングの流れを持った研修(ブレンド型集合研修)を簡単に管理できるようになります。

ブレンド型集合研修を活用すれば、オンラインでできることはeラーニングに任せて、集合研修を、質疑応答や議論などを中心とした中身の濃い内容にできます。

研修参加方法は、受講者が研修を選べる「申し込み型」と、受講者に研修を割り当てる「割り当て型」の2種類。用途にあわせた柔軟な運用が可能です。

ブレンド型集合研修の詳細はこちら