教材の準備

TOP > 教材の準備

Platonで利用できる教材コンテンツの種類

LOGOSWERE Platonでは、次の表が示すような幅広いコンテンツを教材として利用できます。
既に保有している教材コンテンツが以下のいずれかに該当する場合は、そのままPlatonで利用が可能です。

Platonで利用できる教材

教材利用 進捗管理 動画2倍速再生
Platonにアップロードした教材(※1)
ロゴスウェア製コンテンツ作成ソフト (STORM, THiNQ, FLIPPER)
他社のSCORM1.2準拠教材 ×
動画ファイル(mp4形式)
Platonの外部にある教材
YouTube動画 ○(※2)
外部Webサーバー上のコンテンツ/Webページ △(※3) コンテンツ表示時点で「完了」になります。
  1. Platonにアップロードできる教材ファイルサイズの最大値は500MBです。
  2. Youtube上で速度設定する必要があります。
  3. PlatonのAPIに対応したWebシステムの場合は進捗管理可能です。

教材コンテンツの整備方法

教材コンテンツを整備するには、2つの方法があります。
レディメイド教材を使う方法と、オリジナル教材を作る方法です。

編集・加工可能な「標準教材」を使う教材作成ソフトで作る


レディメイド教材を使う

標準教材とは?

標準教材とは、ロゴスウェアが独自に作成した教材です。デジタルコンテンツ形式の他、パワーポイントファイルやテキストファイルで無償提供され、ファイルを編集・加工して自社用の教材に仕立て上げることができます。

標準教材は、会社で働く上での基礎知識を学ぶものとなっています。講座数31(教材数169)で構成されており、希望するお客さまに追加料金なしで無償提供されます。

どのような汎用的な内容でも、各社にはそれぞれ独自の仕組みや制度があり、カスタマイズが必要になるものです。Platonの標準教材を活用すれば、ゼロから教材を作る手間を省け、しかもカスタマイズができます。

  1. 標準教材はクラウド型お手軽スタートパックのお客さまのみの提供です。

標準教材の詳細はこちら

編集・加工可能な「標準教材」を使う

アドバンス教材とは?

より専門的な知識を学ぶ教材は、アドバンス教材として提供されます。
アドバンス教材は、サードパーティ製の有料教材です。お客さまの利便性のために、ロゴスウェアが代理販売します。

アドバンス教材の詳細はこちら


教材作成ソフトで作る

ロゴスウェア製教材作成ソフトとは?

ロゴスウェア製の教材作成ソフトは次の3種類あります。

  1. プレゼン型教材作成ソフト「LOGOSWARE STORM
  2. クイズ・テスト作成ソフト「LOGOSWARE THiNQ
  3. デジタルブック作成ソフト「LOGOSWARE FLIPPER

これらの作成ソフトを使えば、パワーポイントやPDFなどのファイルをインポートして設定するだけで、独自の教材コンテンツが簡単に作れます。

教材作成ソフトWebサイト

「教材作成ソフト」で独自教材を作る

ロゴスウェア制作サービスとは?

作成ソフトの操作方法を覚えたり、使う時間が取れないという多忙なお客さまのために、ロゴスウェアで制作代行サービスを提供します。 制作サービスの詳細は、D-FACTORY「eラーニング制作代行サービス」をご覧ください。

eラーニング制作代行サービスWebサイト

「制作サービス」にアウトソースする

ページの上部に戻る

お探しの情報は見つかりましたか?
ご質問・ご要望は、 ロゴスウェアへお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはこちら>>