サポートサイト

TOP > eラーニングの基礎知識 > 社員教育用途でLMS・eラーニングシステムの導入を検討。どのような機能・特徴があると便利…?

社員教育用途でLMS・eラーニングシステムの導入を検討。どのような機能・特徴があると便利…?

お客様からのご相談

人材育成担当をしております。社員教育用途でLMSの導入を検討しておりまして、どのような機能・特徴があるシステムだと良いでしょうか?


ロゴスウェアからのご回答

社員教育用途で評判の良い、おススメの機能・特徴を3つご紹介いたします。

1.シングルサインオン

シングルサインオンとは、SingleとSign-Onの造語で、1度システム利用開始のユーザー認証 (ログイン) を行うと、複数のシステムを利用する際に、都度認証を行う必要がない仕組みのことを指します。このシングルサインオンは受講者だけでなく、管理者も作業工数を減らせます。認証やアクセス制御の仕組みを一元管理することにより、IT環境の管理を容易にします。

※弊社eラーニングシステムPlatonのSSO情報はこちらから

2.レポート作成機能

人材育成担当者の仕事は、LMSを導入して、教材を作成して、受講者に学習してもらって終わりではないはずです。最終的には、受講結果をレポートにまとめて報告する義務があるという人材育成担当者の要望を受けて、別途開発したのが弊社のPlatonレポート作成ツールです。全体でのレポートを作成できることはもちろん、部署別・個人別に詳細データを整理することができます。

3.クラウド型・オンプレミス型

クラウド型・オンプレミス型の両方が用意されていると、貴社の状況に合ったシステムを選べます。
クラウド型は一式を丸ごとセットにしたプランとなっており、サーバーの準備も製品インストール作業も不要です。製品利用の契約が完了すれば、すぐに製品が利用できます。サーバーの維持メンテナンスも弊社が実施するため、手軽にサービスの利用が可能です。
オンプレミス型はお客さまが準備したサーバーに、ご自身でPlatonをインストールしてご利用いただく形のサービスです。製品のインストールやサーバー環境の準備、維持メンテナンスの対応もご自身で行う必要があります。一方で、独自の自在な環境構築が可能となり、自由度とカスタマイズ性の高さを評価いただき、選択されるお客様もいらっしゃいます。